ゲストランナー・大会МC

  • HOME »
  • ゲストランナー・大会МC

ゲストランナー紹介

猫 ひろし さん - Hiroshi Neko –
元カンボジア代表/お笑い芸人/マラソンランナー

プロフィール

1977年8月8日生まれ、千葉県市原市出身。
2001年より芸人活動を開始。
2003年よりワハハ本舗所属。
2006年「TBSオールスター感謝祭/赤坂5丁目ミニマラソン」で好成績を出し、マラソンジムに通うようになる。
2008年東京マラソンで本格的にマラソンに着手。
2011年カンボジアにてオリンピック代表になるべく国籍を変更。
2012年2月の別府大分マラソンで当時のカンボジア1位の記録でゴールし、ロンドンオリンピックカンボジア男子マラソン代表決定。
一度、カンボジア代表でロンドンオリンピック出場決定となるが、『国籍を変更してから、その国の住居年数が1年を満たない場合は、その国からオリンピック出場ができない』というIOCの規則に当てはまり、それにより参加資格を満たしていないと判断され、オリンピック消滅となった。
その後もオリンピック出場の夢を追い続け、4年間カンボジアで1位を死守、2016年リオデジャネイロオリンピック/男子マラソンカンボジア代表で出場を果たし、139位で完走した。
ベストタイムは2時間27分02秒(東京マラソン2023)の世界で初めて芸人がオリンピックに出場した足の速いお笑い芸人である。

メッセージ

ニャー!足の速い外国人タレントの猫ひろしです!
猫ふたたび!
昨年に引き続き、ゲストランナーを務めさせていただくことになりました。
目標に向かって挑戦されるランナーの皆さん、初めてマラソン大会に参加される皆さん、大会を支えてくださるボランティアの皆さん、沿道で熱い応援をしてくださる皆さん、お一人おひとりが主役になれるのがマラソンの魅力だと思います。
そんな皆さんとお会いできることを楽しみにしています。
僕と一緒に「自己への挑戦」を楽しんで感動のゴールを目指しましょう!ニャー

三津家 貴也 さん - Takaya Mitsuka –
ランニングアドバイザー/モデル/非常勤講師/インフルエンサー

プロフィール

高校で陸上競技を始め筑波大学・筑波大学大学院でランニングを研究しながら、800mと1500m日本インカレに出場。卒業後も働きながら、日本選手権800m出場の実績をもつ。現在はランニングコーチ兼タレントとして、メディアやイベントを通したランニングの普及活動を行う。非常勤講師、モデル、インフルエンサーなど幅広く活動中。合言葉は「ん~、やってみよう!」。SNS総フォロワー100万人を超える。

メッセージ

大田原マラソンゲストランナーの、いちにち、ふつか、みつか(三津家)です!
大田原マラソンは、制限時間4時間というすごく過酷なマラソン大会ですが、だからこそ!
自分の自己新記録を目指したり、サブ4を絶対達成するぞ!っていう思いもすごく強くなると思います。
僕も、しっかり記録を目指して頑張りたいと思います。一緒に頑張りましょう!
みんなで大田原マラソン?ん~、やってみよう!

 

大会МC紹介

岡田 拓海 さん - Takumi Okada –
МC/ラジオパーソナリティー

プロフィール

各地のランニングイベントでMCを担当する他、Youtubeでもランニング情報を発信している。
自身もマラソン、トレイルランニング、トライアスロン…とランニングを楽しむ市民アスリート。
2024年は、フルマラソンで2時間50分切りを目指しトレーニング中!

昨年は、マラソンの部に出走し、当時のパーソナルベストを更新し、2時間56分00秒でフィニッシュ!
今回はMCとして、シリアスランナーの集う硬派な大会雰囲気に合った演出や盛り上げ、そして全ランナーの背中を押してくださいます!

メッセージ

2024年の大田原マラソンで大会МCを務めます岡田拓海です!
僕自身も、昨年の大田原マラソンで自己ベストを更新することができた思い出の大会です。
そこでМCができることを非常に楽しみにしております。
初めて挑戦するという方も、常連の方もたくさんいらっしゃると思いますが、
制限時間4時間というストイックな大会の雰囲気、
それを思う存分楽しんでいただけるように大会МCをしていきたいと思います!

 

大会公式SNS

主催

大田原市

大田原市教育委員会

一般財団法人栃木陸上競技協会

協賛

準備中

救護協力

準備中


MCC - マラソンチャレンジカップ

東京マラソン2026

お城マラソン

スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG) スポーツくじによるスポーツ振興助成について

PAGETOP